そもそも在来工法とは?

日本では、古くから木造の住宅が多く建てられてきました。現代では重量鉄骨や鉄筋コンクリート造りも増えてきましたが、それでも木造住宅も数多く建築されています。その木造住宅の作り方で、古くから用いられてきたのが「在来工法」なのです。在来工法は別名「木造軸組工法」とも呼ばれています。主な特徴としては、柱や梁で建物を支える工法です。在来工法では、完成後に間取りの変更をしたい場合にも、比較的容易に出来るのがメリットの一つです。他にも、注文住宅などにおいて、自由な間取りを実現できるのももう一つの利点と言えます。このようにリフォームやリノベーションも比較的容易にできるので、木造住宅において、多く利用されている工法です。

ツーバイフォー工法とはどう違う?

もう一つの木造住宅の工法に「ツーバイフォー工法」というものもあります。別名「木造壁式工法」とも呼ばれている工法ですが、在来工法とは作り方が異なります。在来工法では、梁や柱で建物を支えるのが特徴である反面、ツーバイフォー工法では、4枚の壁と天井と床の合計6枚で建物を支える工法です。つまり在来工法が「線」で建物を支えるのであれば、ツーバイフォー工法は「面」で支えると考えることが出来ます。この工法は、古くからある在来工法とは作り方が違う上に、取扱業者も限られるというデメリットもあります。費用は在来工法のほうが、やや割高になりますが、大規模なリノベーションを行う場合も、ツーバイフォー工法よりも在来工法のほうが施しやすいという特徴もあります。