全体のスケジュールを確認する

注文住宅を失敗せずに建てるためには、業者との打ち合わせがとても重要です。打ち合わせを行う上で、まずは全体のスケジュールをしっかりと確認しておきましょう。何回打ち合わせを予定しているのか、どのような期間で打ち合わせを進めていくのか、その打ち合わせで何を決めるのかを把握しておくと、そのスケジュールに合わせて自分たちの希望をまとめておいたり準備をしておいたりすることができますよね。

例えば、業者はこの打ち合わせでコンセントの数や位置を確認したいと考えていたのにその計画が上手く伝わっていないと、よく考えずに慌てて決めなくてはいけない場合もあります。冷静にじっくり考える時間がないと、業者の言うがままに決めてしまって後から後悔する、ということになりかねません。

予算や譲れないものを伝える

打ち合わせを進めていくと、「キッチンをグレードアップしたい。」「お風呂を広くしたい。」など、マイホームに対する希望がどんどん出てくることでしょう。あれもこれも思うままに決めてしまうと、予算はどんどんアップしていきます。

まずは自分たちの予算をしっかり伝えてその中で希望を叶えていく形にすると、業者も予算内で希望を叶えられるような提案をしてくれます。予算を大幅にオーバーしてしまう、ということは避けられますね。

家を建てる上でここは譲れない、というものを優先順位をつけて決めておくと、打ち合わせがスムーズに進みます。打ち合わせ前に「予算はいくらまで。」「いついつまでに建てたい。」「リビングの広さは譲れない。」など、具体的に希望をまとめておくことが、家造りを成功させるコツです。

ずばり建売住宅とは、スピーディーにマイフォームを持てるという事です!土地と建物のセット売りのため、購入手続きした日から土地と建物が同時に自分のものになります。