業者との打ち合わせ

注文住宅を建てる際に避けては通ることができないものが、建築業者との打ち合わせです。この打ち合わせをおろそかにすると、理想を伝えることもままならず、納得のいかない家に多額のお金を払うことになります。業者との打ち合わせのコツを紹介します。

わからないことは明確に!質問は積極的に

最高の住まいを確保するため、注文住宅を検討している人は積極的に質問して問題ないです。業者に対して色々と質問すれば、丁寧に説明してもらえるため、多くの部分を明確にできます。似ているような注文住宅業者…

後の憂いは断つ!記録はしっかり残す

言った言わないのトラブルはとても多い

注文住宅を完成させるまでの間には、とても多くの期間を要します。また、その間にはプランや仕様の打合せだけでなく、予算計画やスケジュール調整など様々な種類の打合せが必要になってきます。施主は、営業担当者だけでなく、設計担当者やインテリアコーディネーター、工事担当者などたくさんの人々と打合せを重ねるため、時には「あれ、誰にこの話をしたっけ」と分からなくなってしまうケースもあるでしょう。実は、この注文住宅の打合せでは、言った言わないのトラブルが起こることも少なくありません。打合せを進めていく中で意見が変わることもあれば、専門的で意図が伝わりにくいといった場合もあります。その結果、記憶違いや伝え方などが原因となり、トラブルに発展してしまうのです。

議事録として残しておくことが大切

業者との打ち合わせでは、基本的に議事録を残すようにしましょう。議事録には、打合せを行った日時と、打合せをした担当者の名前を記載しておきます。そして、打合せをした内容を簡潔に分かりやすくまとめていくのです。 議事録は業者に作成してもらい、打合せ後もしくは後日に内容を確認し、記載されていることに納得出来たらサインを行います。施主、業者の両者が同じ議事録を持っておくことで、言った言わないのトラブルを回避できるようになるでしょう。また、打合せの中で伝えたはずなのに記載されていない場合や、こちらが思っていたことと違うと感じることがあった場合は、すみやかに申し出て修正してもらうことが大切です。スピーディーな軌道修正を図ることで、後々のトラブルを未然に防げるようになるでしょう。

コストダウンのコツ

注文住宅を建てる際に避けては通ることができないものが、建築業者との打ち合わせです。この打ち合わせをおろそかにすると、理想を伝えることもままならず、納得のいかない家に多額のお金を払うことになります。業者との打ち合わせのコツを紹介します。

専門家に相談!予算を伝えて作り始める

注文住宅のコストダウンを図るには、早い時期に専門家に予算を伝えて施工に向けた計画を立てることがポイントです。大手のハウスメーカーの中には、注文住宅に関する専門知識や経験を持った営業担当者が相談受付…

建築方法を工夫!在来工法で建てる

日本では、古くから木造の住宅が多く建てられてきました。現代では重量鉄骨や鉄筋コンクリート造りも増えてきましたが、それでも木造住宅も数多く建築されています。その木造住宅の作り方で、古くから用いられて…

シンプルは安い!できるだけシンプルな設計にする

できる限り予算を抑えた注文住宅を実現するにあたって必要となるのがシンプルな見た目が特徴の総二階デザインです。総二階デザインとは一階と二階の面積を揃える工法のことを言います。上と下の面積を一緒にする…

:)